胃カメラ「さいとう内科クリニック」

内視鏡のご案内

苦痛の少ない経鼻内視鏡検査を行っております。

細いファイバーを鼻から入れる内視鏡検査をいいます。口から挿入する検査と比べると苦痛が少ないとされ、
両方の検査を受けた人の約9割が次回も経鼻内視鏡を希望するという報告があります。
さいとう内科クリニックでは直径5.9mmの内視鏡を導入しております。 負担が軽減できる選択肢として受けて頂くことができます。

経鼻内視鏡(胃カメラ)説明図

経鼻内視鏡(胃カメラ)説明図

鼻から入れる細い内視鏡(直径5.9mm)

経鼻内視鏡検査のメリット

  • 1.挿入経路が違うため、経口と比較すると嘔吐反射が非常に少なくなります。
  • 2.内視鏡の径が細いため経口用のファイバーに比べ、飲み込む際の苦痛が少なくなります。
  • 3.検査中に会話が可能です。

経鼻内視鏡検査のデメリット

  • 1.鼻腔(鼻の通り道)は狭いため、通過する際に違和感や鼻出血を伴うことがあります。
  • 2.初期の経鼻内視鏡は、光源量が少なく(暗い)観察は不十分と言われていました。しかしながら、現在は通常観察に於いては遜色なく検査が可能と考えます。

大腸内視鏡検査について

大腸内視鏡は、肛門から内視鏡を挿入し直腸から盲腸までの炎症、ポリープやがん、潰瘍などの病変を調べることを目的にしています。
異常の疑わしい部位を見つけた場合は、生検(病変の一部を採取すること)を行い顕微鏡で詳しく調べ、病気の診断を行います。

こんな時は大腸内視鏡を
お勧めしています。

  • ・便に血が付いていたり、血便を認める
  • ・排便時の出血
  • ・便が細くなった
  • ・炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)の定期検査

胃カメラ・経鼻内視鏡・大腸内視鏡検査